お知らせ

喘息の新しい検査機器を導入しました。

[ 2019/06/28 ]
喘息患者さんの気道には炎症があり、炎症性刺激により主に気道上皮のNO合成酵素(INOS)が誘導され
大量のNO(一酸化窒素)が産生されています。

そのため呼気中NO(一酸化窒素)濃度を測定することで好酸球性気道炎症の存在や程度を知ることができるとされています。

この度、当クリニックにおいて“気道の炎症状態”を評価するために呼気中NO(一酸化窒素)濃度測定をする新しい喘息の
検査機器を導入しました。

呼気NO(一酸化窒素)濃度測定検査は、2〜3分と短期間で測定でき患者さんの負担が比較的少ない簡便な検査になります。